老後資金対策ネット
老後資金対策ネット > 314中国株参考書 > マイちゃんの中国株資産倍増計画安定&成長招財50銘柄

マイちゃんの中国株資産倍増計画安定&成長招財50銘柄

Pocket

マイちゃんの中国株資産倍増計画安定&成長招財50銘柄
 中国株マスターの早道は上場企業を身近に理解すること――。日本人投資家の間では、
「中国企業の将来性には期待できるものの、事業や財務などの実態がよく分からない」と
いう声が多く聞かれますが、これは「企業の姿が見えてくれば投資を考えてみたい」という
ことの裏返しと言えましょう。
 



著者よりのコメントです。
私が半年前に入社した亜州IRは、こうした投資家のニーズに応えるためのIR(Investor Relations)会社。中国をはじめとするアジアの上場企業について、業績や将来性に関する情報を提供するのが仕事です。昨年まで中国株の素人だった私にとって、日々飛び交う企業情報やマーケット・ニュースは「別世界のお話」に映りましたが、今年3月の上海視察ツアーを機に状況が一変。弊社企画の現地企業訪問に同行したことをきっかけに、だんだんと中国株のツボがみえてきたのです。実際に経営陣と接し、その企業が何を目指しているのかを肌で感じる――。結局は、現地企業をどれだけ身近なものとしてとらえられるかがポイントということが分かりました。
 こうした体験をできるだけ多くの方に知っていただきたいと思い、本書では、20社のインタビューを中心に注目50社の「生の姿」を紹介しています。勉強を始めたばかりの私とアジア企業の研究歴が長い上司とのQ&A形式を多く盛り込んでいるため、単に入門書というだけではなく、初心者から経験者まで納得いただける内容と自負しております。
 著者について
著者:佐々木麻妃(ささき まい)
 1977年、東京都生まれ。実践女子大学卒業。時計関連商社の(株)五十君商店に2年間勤務した後、新橋の日本料理店「麻耶」に転職。外国人ビジネス客が多く訪れる同店で、接客担当スタッフとして1年間勤務。日常会話レベルながら、英語で仕事を続けるうちに、海外企業との関係がより密接な業種に興味を抱く。折からの中国ブームをにらみ、2004年1月、亜州IR株式会社に入社。証券と国際ビジネスの知識習得に向け、財務と語学を猛特訓中。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA