島根の雑草対策ネット
島根の雑草対策ネット > 雑草あれこれ > 雑草の繁殖しにくい庭をつくる

雑草の繁殖しにくい庭をつくる

Pocket

雑草の繁殖しにくい庭をつくる

ガーデニングを趣味として楽しんでいる方は多いと思います。
そんなガーデニングで、多くの方が頭を悩ましているのが雑草ではないでしょうか。
庭に雑草が生い茂っていると、どうしても荒れた印象を与えてしまいます。
こちらでは雑草を生えにくくするポイントを紹介します。

■冬場に庭を整備する

生命力が強く、頑固な雑草も冬場には枯れてしまいます。
この雑草が枯れる冬場に庭を整備しておくと、春からの状態が良くなる可能性があります。
雑草に強い庭をつくるなら冬に整備を行いましょう。

■土づくりを意識する

きれいな庭をつくるポイントは土づくりです。
庭土の環境を整えることで、見違えたような状態になります。

1.まずは表面に見えている雑草を抜いていきます。
その際はできるだけ根っこから抜くようにしましょう。
見た目をすっきりさせることで、達成感を味わいながら作業することができます。

2.そのあとに土を掘り起こして耕していきます。
草が混ざっていても気にせずに耕していきましょう。
この作業のポイントは雑草の根っこを見つけることです。
雑草の根がどこにあるのかをしっかり把握するようにしましょう。

3.地下にある太い地下茎を切っていきます。
地表からヒゲのような根が出ている場合は、その下に太い地下茎がある可能性があります。
スコップを使ってその部分をザクザク刺していきましょう。

4.そうやって切った根を回収していきます。
根を回収することで、雑草の新しい発芽を防ぐことができます。
じっくりと回収するようにしましょう。

5.水はけを良くするために川砂を混ぜます。
川砂はホームセンターなどで手軽に手に入れることができます。
川砂が混ざることで、水はけと通気性がとても良くなります。
水はけが良くなることで、地下茎が育ちにくい環境にすることができます。

当サイトでは、ガーデニングの防草に便利な瓦ンドという商品を取り扱っています。
折角雑草の根も取ってきれいにした庭も、雑草に種が飛んで来れば、再び雑草が繁殖してきます。 雑草を取った後に瓦ンドを敷きならすことで、雑草の種が飛んで来ても芽を出しません。
ガーデニングだけではなく、お墓の雑草対策などにも利用できます。
簡単な雑草対策として瓦ンドをぜひご利用ください。

当サイトでは、雑草防止に役立つ園芸資材瓦ンドを販売しています。水を撒くだけで簡単に固まり、雑草が生える隙間を与えません。綺麗なガーデニングを作りたい、という方におすすめです。草ありさんから草なし君の素敵なお庭や、手間いらずのお墓にオススメです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA