島根の雑草対策ネット

雑草の影響

Pocket

ガーデニングが施された庭、アスファルトの割れ目、お墓の隙間、農産物のある畑など、様々な場所から雑草は生えます。生命力の強い雑草を駆除しようと多くの方が雑草対策をとっています。

雑草をそのままにしていると、どのような影響が起こるのでしょうか。

作物や花への影響

雑草は悪環境でもたくましく成長していきます。それは水や土にある栄養分を吸い取る力が強いからです。ガーデニングの際に、花の隣に雑草があるとせっかく与えた水や肥料の養分が雑草に全て吸い取られてしまい、結果的に花が枯れてしまうのです。それは作物でも同じで、野菜のために与えた肥料や水が全て雑草に取られ作物が成長しません。それだけでなく、育った野菜の品質も悪くしてしまいます。

奇形の果実ができてしまったたり、色が悪くなったりしてしまいます。また、稲の中に雑草の種子が入ってしまうと、判別するのが難しく等級も下がってしまいます。そして、成長した雑草によって影ができ、日照不足の原因にもなってしまいます。植物の成長には日光が欠かせません。それを阻害する成長の速い雑草は、非常に迷惑な存在なのです。

害虫の繁殖

雑草は害虫や病原菌が宿る場所になる事があります。まわりの植物を食い荒らすだけでなく、夏には蚊も大量発生させる原因になり、人間にも被害が及びます。

それら害虫を餌とするネズミやムカデ、鳥なども引き寄せ、多くの小動物が暮らす場所となってしまいます。ネズミやムカデは家にまで侵入し、多くの影響を及ぼします。害虫駆除をしても、原因となる雑草処理をしなければ意味がありません。

瓦ンド 雑草対策として、防草剤や除草剤を撒く方法もありますが、当サイトで販売している、雑草防止に役立つ園芸資材、瓦ンドを使用しても防草をする事ができます。

瓦ンドは、水を撒くことで固まり雑草が生えにくくなります。1センチの厚さでも効果があり、広範囲の雑草対策が可能です。下地を固くすれば、その上を歩く事もできます。

ベージュ色をしており、レンガの様にデザインして敷くとおしゃれです。雑草にお困りならぜひご活用ください。 草ありさんから草なし君へ お庭の草取りが楽になります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA